1. 半纏(はんてん)・法被(はっぴ)ドットコム

全国お祭りマップ

日本全国のお祭りをご紹介!

こちらのページでは、粋なはんてん・法被が大活躍する、日本全国のお祭りをご紹介いたします。
威勢のよいお祭りを盛り上げるはんてんを着込んで、あなたも是非お祭りに参加してみて下さい!

全国のお祭り 12月

秩父夜祭

■開催地
埼玉県秩父市
■開催日
2018年12月2日(日)~3日(月)
■イベント内容
秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、日本三大曳山祭の1つ。300年余りの歴史があります。
勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、街中を曳き回される豪華な彫刻が施された笠鉾2基と屋台4基の山車が見どころです。

古河提灯竿もみまつり

■開催地
茨城県古河市
■開催日
2018年12月2日(日)
■イベント内容
関東の奇祭として知られる古河提灯竿(ちょうちんさお)もみまつりは、市内各団体が先端に提灯を付けた約18メートルの竹竿を20人ほどの若者で支え、矢来(丸太を縦横に粗く組んだ囲い)の中で互いの提灯を消そうと激しくもみ合う荒々しい祭りです。

鎮火祭

■開催地
広島県廿日市市
■開催日
2018年12月31日(月)
■イベント内容
鎮火祭は厳島神社の御笠浜で行われる「火難避け」の祭りです。
江戸時代までは『晦日山伏(つごもりやまぶし)』と呼ばれ、山伏が取り仕切る町内の行事であったが、明治維新後は、厳島神社の行事となりました。 神社祓殿で斎火(いみび)を灯した祭壇を設け、斎主が祝詞を済ませた後、松明に火を移し御笠浜に設けた斎場の大束に火を移します。と同時に、若者たちが自分たちの大松明に一番に火を点けようと争います。
御笠浜は、文字通り火の海と化します。

全国のお祭り 1月

ホーランエンヤ

■開催地
大分県豊後高田市
■開催日
2019年1月6日(日)
■イベント内容
 豊漁と航海の安全を祈願して宝来船で川を溯る、新年を祝うホーランエンヤ。
江戸時代中期から伝わり、大分県選択無形民俗文化財に指定されています。
大漁旗や万国旗などで彩られた宝来船に締め込み姿の若者が乗り込み「ホーランエンヤ エンヤサノサッサ」の勇ましい掛け声で船を漕ぐ勇壮な行事です。

道祖神の火祭り

  • 道祖神の火祭り
  • 道祖神の火祭り
■開催地
長野県下高井郡野沢温泉村
■開催日
2019年1月15日(火)
■イベント内容
 日本を代表する道祖神行事の一つとして国の重要無形民俗文化財に指定された野沢温泉村の道祖神祭りは、日本一の火祭りとも言われています。
道祖神は、災厄の進入を防ぐ神とされ、石像などに刻んで村境や辻などに祀っています。また、子供の成長や子宝祈願などの対象として、ほぼ全国に広く祀られている民間信仰の神です。
燃え上がった社殿が、やがて燃え落ちるまでの様子は圧巻です。

道祖神祭り(野沢温泉観光協会)(写真提供)

全国のお祭り 2月

なまはげ紫灯祭

  • なまはげ紫灯祭
  • なまはげ紫灯祭
  • なまはげ紫灯祭
  • なまはげ紫灯祭
■開催地
秋田県男鹿市
■開催日
2019年2月8日(金)~10日(日)
■イベント内容
 神事「柴灯祭」と重要無形民族文化財「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事、なまはげ紫灯(せど)祭。
「怠け者はいねが、泣ぐ子はいねが」と練り歩く姿が有名ななまはげ。年に一度、各家々を巡り、悪事に訓戒を与え、災禍を祓い、祝福を与えて去っていきます。
なまはげ紫灯祭は男鹿温泉郷の星辻神社で行われたのが始まりで、その後会場が真山神社に移された後、地元の祭として根付き、男鹿市や旅館組合などの協力も得て、今では男鹿半島の冬の行事として定着しています。 

なまはげ紫灯祭(秋田県農山村振興課HP 美しき水の郷あきた)(写真提供)

大東大原水かけ祭り

  • 大東大原水かけ祭り
  • 大東大原水かけ祭り
  • 大東大原水かけ祭り
  • 大東大原水かけ祭り
■開催地
岩手県一関市大東町
■開催日
2019年2月11日(月)
■イベント内容
 350年余の歴史を誇る、天下の奇祭として名高い大東大原水かけ祭り。
毎年極寒の2月11日に行われ、火防祈願、無病息災、家内安全を祈って寒中に厄男たちが裸で走り抜けるところに、待ちかまえた人達が水を浴びせかける光景が見どころです。

大東大原水かけ祭り(一関市役所ホームページ)(写真提供)

八戸えんぶり

  • 八戸えんぶり
  • 八戸えんぶり
  • 八戸えんぶり
  • 八戸えんぶり
■開催地
青森県八戸市
■開催日
2019年2月17日(日)~20日(水)
■イベント内容
 青森冬の三大まつり、みちのく五大雪まつりに数えられ、1979年に重要無形民俗文化財に指定された八戸えんぶり。
えんぶりは、その年の豊作を祈願するための舞で、太夫と呼ばれる舞手が馬の頭を象った華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞が大きな特徴です。
その舞は、稲作の一連の動作である、種まきや田植えなどの動作を表現したものです。

八戸えんぶり(八戸市観光情報ホームページ)(写真提供)

※このページで使用している祭の画像は使用許可を得て掲載しております。

ページの先頭に戻る

半纏・法被ドットコムでのお買い物について

  • ■ご注文の流れ

    • 1.サイズや色数、製作枚数や生地を決める
    • 2.おおまかなデザインを決定する
    • 3.ラフ校正を元にデザイン案を提出します
    • 4.製作作業に入ります
    • 5.完成次第納品いたします

    詳しい注文の流れ

  • ■代金のお支払方法

    代金引換銀行振込郵便振替

    当店での代金の支払い方法は代金引換、銀行振込、郵便振替からご選択いただけます。

    詳しい支払方法

    特定商取引表示

  • ■商品のお届け時期

    入金日を確認後、3日~10日以内に発送させていただきます。なお地域や条件により、発送まで時間をいただく場合は連絡させていただきます。

    詳しいお届け時期

  • ■交換・返品について

    不良品や破損品の場合は引き取りをさせていただきます。詳しくは連絡をいただいた際にご案内させていただきます。お客様の都合による場合は弊社に連絡していただいた上で、商品を返送下さい。

    当店での代金の支払い方法は代金引換、銀行振込、郵便振替からご選択いただけます。

    返品・交換について